マンション管理士とは、主にマンションの住人から寄せられる、マンションの管理に関する相談に専門的に応じる仕事のことです。 マンションに居住するための規則、トラブルを起こす住人への対応、管理組合の運営など、あらゆることを行います。 マンション管理士が行う仕事というのは、必ずしもマンション管理士の資格がないとできないということはありません。 しかし、きちんと資格を持っていると、信頼が増すため、持っていた方が良いでしょう。 マンション管理士は国家資格なので、とても信頼のできる資格とされています。 マンション管理士の資格を活かすことができる就職先としては、マンション管理会社が一般的です。 また、不動産屋や建設会社、ビル管理会社などでも、資格を活かすことができる場合があります。 その他、マンション管理組合の顧問として働く道などもありますが、マンション管理組合の顧問の場合には、ある程度の実務経験を経た後、独立するというケースが多いようです。